バイク修理人生

バイク屋店長のバイク遊びと修理の日記

先日、入荷した2台の新車 2020 YZ250FXの納車準備を行います。

CIMG6814

まあ、いつもブログに掲載しているように新車の足回りのベアリングには、

ほとんどグリスが塗られておりません。

こんなんでオフロード走行なんてしたらベアリングがダメダメになってしまいますね。

分かり易く言うとエンジンオイルを入れないでエンジンを始動するようなもの。

なので新車時のグリスアップは、とっても大事なのよ。

まずは、リヤまわりから作業します。

CIMG6823

すべてバラバラ、リヤサスも外して上下のベアリングのグリスアップもします。

CIMG6824

CIMG6825

CIMG6826

CIMG6827

鼻くそをなびったぐらいしか付いていないふざけたグリスを洗浄して、耐水性及び

耐圧性に優れたグリスをこれでもかと注入します。

画像を撮り忘れてしまったのですが、チェーン調整のアジャストボルトのグリスアップも

必ずやりましょう。

このボルトが錆びて固着するとトンでもない事になるので要注意です。

そして、このボルトは、最低でも1年に1回ぐらい取り外して清掃、グリスアップを

心がけてください。

CIMG6828

リヤ周りは、終了です。

続いて、フロント周りのグリスアップ及びガード類を取り付けていきます。




パワーテックHPは、こちらです。

TEL  042-635-1266


にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村  ブログランキングに参加しています。クリックをお願い致します。

数か月前、お客様のハイエースのヘッドライトバルブ交換をした時に気づいちゃったのね。

ヘッドライトの光軸調整用のギヤユニットが壊れかけているのを。

S100系のハイエースは、この故障が多いのよね。

実は、私のハイエースもなっていました。

このギヤは、プラスチックで出来ているから年数が経つと経年劣化で割れてしまうの。

そうなると当然、光軸調整が出来ないため車検に落ちちゃうのよね。

お客様は、毎回、有給休暇を取ってユーザー車検に行ってるんだけどこれが原因で

車検に落ちたら有給休暇を取った意味ないじゃん。

ってことで、車検場に持って行く前にギヤ交換のご依頼を頂きました。

CIMG6816

S100系のハイエースのヘッドライト取外しは、ちと面倒。

CIMG6817

サイドランプ、ウインカー及びフロントパネルを外さないと取れません。

CIMG6818

左右、上下の調整をするため片方のヘッドライトで2個のギヤが付いているため、

合計4個を交換します。

部品自体は、そんなに高くないのですが、工賃が掛かってしまいますね。

でも、ハイエースは、単品でこの部品が販売されているから良い方ですよ。

車種によっては、ヘッドライトASSY交換となり片方で数万円するものもあります。

さあ、これでユーザー車検に行けますが、このへんで一番近い八王子陸事は、

只今、土砂崩れのため検査ラインに並ぶ駐車スペースが埋まってるらしい。

1ヶ月くらいは、復旧できないとのことなのね。

そうなると相模原か立川か~。

どちらも遠いですね。  頑張ってくださ~い。




パワーテックHPは、こちらです。

TEL  042-635-1266


にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村  ブログランキングに参加しています。クリックをお願い致します。

GSX-R750の最終章です。

縦2灯のヘッドライトを取り付けて今度は、スピードメーターをどこに取り付けるのか

試行錯誤です。

元々は、カウルに取り付けられてあった物なので、カウルを外してしまった状態では、

100%取り付けることは、不可能。

ですから、スピードメーターステイを1から作らなければならない、ちゅうことですね。

CIMG6796

メーターを置く台座と台座を車両に固定するアームをまずは、厚紙を使って作成。

大きさや角度が決まったら3mmのアルミ板を使用して切り出します。

CIMG6797

アルミ板といっても種類がたくさんありまして、純度の高いアルミ板は、

柔らかく加工もしやすいのですが、強度がなく工作物には、適しません。

強度のあるアルミ板を選択したので、加工が大変です。

CIMG6801

切り出し加工するのも一苦労。

強度のある3mm厚のアルミ板を曲げるのは、かなり難儀しました。

車両に仮組しては、外して削り、また仮組しては、削りを繰り返して微妙な調整を

行なってやっと出来上がりました。

CIMG6804

CIMG6805

もう完全なる一品物でございます。

あとは、配線処理をして完成でございます。

CIMG6811

CIMG6813

今回、車両専用部品でもなく何の資料もなく、汎用品のヘッドライトとワンオフの

手作りステイでの製作のため、かなりの手間と時間が掛かりました。

めちゃめちゃ大変でしたよ。

う~ん、もうやりたくないかな~(笑)




パワーテックHPは、こちらです。

TEL  042-635-1266


にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村  ブログランキングに参加しています。クリックをお願い致します。

GSX-R750のトップブリッジの交換とバーハンドルへの変更まで進みました。

続いて、カウルを外して縦2灯のヘッドライトへの変更です。

CIMG6788

品物は、これなのですがGSX-R750用の物ではなく汎用品なので配線は、

全部をやり直し。

CIMG6791

仮組して取り付けてみるものの取り付けられる感じがしない。

まずは、イグニッションキーシリンダーとフロントフォークとの隙間が狭すぎて

ライトステイクランプが入らない。

CIMG6792

どうにもならんからクランプを削りました。

CIMG6793

削りすぎると強度が落ちてしまうので注意しながら削ります。

これでやっと取り付けられたと思ったらハンドルをフル切りするとフレームに

付いている部品にクランプが当たってフル切りできない・・・。

すげぇムカつきます。  これだから汎用品は・・・。

フレームに付いている部品を加工し、クランプの微妙な位置調整を何度も

繰り返しながら取付完了。

CIMG6794

この位置から少しでもずれるとハンドルをフル切りできなくなります。

誰かがやったわけでもなく何の資料もないので、ものすごく時間が掛かりました。

さて、今度は、メーターを取り付けなきゃいけないのですが、汎用ステイすらないので

完全にワンオフで工作していきます。




パワーテックHPは、こちらです。

TEL  042-635-1266


にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村  ブログランキングに参加しています。クリックをお願い致します。

待ちに待った新車、2020 YZ250FXが届きました。

発売日が1ヶ月伸びてのやっとの入荷です。

CIMG6807

CIMG6806

2020 YZ250FXは、今年からフルモデルチェンジ。

そして、車両を移動した第一印象は、軽いです、めちゃめちゃ軽いです。

旧モデルは、モトクロッサーと比べると重さをすごく感じましたが、2020モデルは、

モトクロッサーとの重量感をあまり感じません。

凄いですねヤマハさん、ここまで軽くしてくるとは、驚きですよ。

あともう一つビックリしたのが、クラッチレバーの軽さです。

CIMG6808

めっちゃ軽いです。  グニャグニャです(笑)

2スト125ぐらいの感じですかね。

取り合えず、ちょっと触った印象は、こんな感じです。

さて、これから納車準備をしていきたいと思います。




パワーテックHPは、こちらです。

TEL  042-635-1266


にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村  ブログランキングに参加しています。クリックをお願い致します。

モチュールの日本正規輸入元にモチュールのエンジンオイルを注文すると

ポイントが付くようになっています。

そのポイントが溜まると景品と交換してくれるのね。

景品も色々種類があって、なるべく数が多くお客様に還元できるものを選んでいます。

毎回そうなんだけど、今回も6月に注文を入れて、今日届きました。

CIMG6802

遅ぇよ!!!

タダで頂いて文句を言ってはいけませんね。

ちょっと大きめのフェイスタオルでございます。

枚数がとても少ないので今回は、いつもパワーテックで モチュール300v を

交換させて頂いているお客様限定で差し上げることにいたしました。

枚数が少ないので先着順で差し上げるのですが、差し上げることが出来なかった

お客様には、大変申し訳ございませんがご了承ください。




パワーテックHPは、こちらです。

TEL  042-635-1266


にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村  ブログランキングに参加しています。クリックをお願い致します。

GSX-R750のトップブリッジを交換するのにキーシリンダーを外したいんだけど

盗難防止用のボルトが外れませ~ん。

CIMG6780

出来ればこの状態で外してトップブリッジを交換したかったのですが、

仕方がありません、キーシリンダーごとトップブリッジを外して

ボルトの頭をドリルで落とすしかないようですね。

え~~~?、キーシリンダーの配線カプラーが、フレームの奥に入っているよ。

また、ラジエターを下にずらすのかよ・・・。

で、キーシリンダーごとトップブリッジを外してボルトの頭を落としました。

CIMG6785

キーシリンダーを外してみると~・・・。

CIMG6786

なんだよ、思いっきりネジロック剤を使用してるのね。

こりゃあ、外れないわけだわ。

やっとトップブリッジ取付完了。

CIMG6787

いや~時間が掛かるわ、一筋縄では、いかないのね~。




パワーテックHPは、こちらです。

TEL  042-635-1266


にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村  ブログランキングに参加しています。クリックをお願い致します。

GSX-R750のフロント周りの改造に取り掛かりました。

まずは、トップブリッジとハンドル交換ね。

ドイツ語の訳の分からん取付説明書とにらめっこして、プラモデラーのスペックを

全開に活用し作業します。

どうやらパイプハンドルにするとディマースイッチの配線とクラッチワイヤーが

たらないので取り回しを変えろとな。

取り回しを変えるためディマースイッチの配線カプラーを外そうとしたら

フレームの裏側に隠れています。

おいおい、エアクリーナーボックスを外せとな?

勘弁してくださいよ~、そんなめんどくさいことできないっちゃよ。

う~、足りない頭フル回転させてラジエターを下にずらしてカプラーを

引きずり出すことにしました。

CIMG6762

CIMG6763

こっちの方がまだ楽だっちゃね。

カプラーを外したら配線を上から通すのよ。

CIMG6790

エアクリーナーBOXとフレームの狭い隙間を通します。

クラッチの取り回しもこの隙間を通します。

説明書には、詳しい取り回しの方法の画像がないのよね。

まったく、整備士のセンスと勘でやれ、ちゅうことですか?

もうここまで来るだけど結構七転八倒しながらの作業です。

今度は、トップブリッジを交換しようとイグニッションキーシリンダーを外そうとしたら

盗難防止用の折るボルトで付いてるのよね。

CIMG6780

普通、鏨でガンガンいけば緩むのだけどビクともしやしない。

まいったな~、外せないよ~。




パワーテックHPは、こちらです。

TEL  042-635-1266


にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村  ブログランキングに参加しています。クリックをお願い致します。

↑このページのトップヘ