バイク修理人生

バイク屋店長のバイク遊びと修理の日記

2012年01月

セロー250のエンジン腰上OHでシリンダーヘッドとフレームの間が狭くて
 
エンジンを降ろす危険性が出てきました。
 
問題は、カムチェーンガイドがシリンダーヘッドまで伸びていてすごく邪魔なんよ。
 
シリンダーヘッドを上に持ち上げてカムチェーンガイドをかわすだけの隙間がどう考えてもない。
 
まあ、グチャグチャ考えていてもしょうがないのでとりあえず取り外す作業をすることに決定。
 
やっぱり素直にヘッドを持ち上げただけじゃ外れてきません。
 
でも、うまくフレームをかわしながら持ち上げると、あら、不思議、外れてきましたよ。
 
ちょっとした知恵の輪ですね。
 
さすが国産車、知恵の輪状態だけどちゃんと外すことができましたよ。
 
イメージ 1
 
昔、ハスクバーナSM450のエンジン腰上OHをしたとき、ヘッドが外れなくて
 
泣く泣くエンジンを降ろしたことを思い出してしまいました。
 
とりあえず一安心です。
 
さて、次は、シリンダーヘッドメンテナンスです。
 
 
 
 
 

私のブログのランキングが上がります。 クリックしてください。 ご協力お願い致します。
https://bike.blogmura.com/offroad/ ←にほんブログ村オフロードブログ
https://bike.blogmura.com/motocross/ ←にほんブログ村モトクロスブログ
 

※ 最近、コメントにいかがわしいコメントが入ってくるので承認制にさせて頂きました。
 
   ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いします。

セロー250のエンジンOHの依頼です。
 
毎度のことなんだけどナンバー付き市販車のエンジン周りは、キッチキチです。
 
イメージ 1
 
こういうのを見ると自動車整備士時代に整備していた軽自動車のエンジンルーム内を思い出します。
 
軽自動車のエンジンもキッチキチに詰め込まれていてちょっとした整備をするにも
 
エンジンを降ろすのか?と思ったものです。
 
よくもまぁ、ここまで詰め込んだものだと感心してしまいますね。
 
サブフレームも外れないし、どうやってキャブレータを外すのよ、なんて独り言を言いながら外しました。
 
う~ん、シリンダーヘッドとフレームとの隙間がほとんどないよね。
 
こんなんでヘッドが外れるんですかね?
 
アンダーフレームがボルト4本で外れるようになっているのがとっても怪しい。
 
「ピストン交換するのには、エンジンを降ろしてくださいね~」 って言われているような気がする・・・。
 
 
 
 
 

私のブログのランキングが上がります。 クリックしてください。 ご協力お願い致します。
https://bike.blogmura.com/offroad/ ←にほんブログ村オフロードブログ
https://bike.blogmura.com/motocross/ ←にほんブログ村モトクロスブログ
 

※ 最近、コメントにいかがわしいコメントが入ってくるので承認制にさせて頂きました。
 
   ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いします。

めっちゃ寒い日が続きますね。
 
東京都極寒の地、八王子にショップがあるパワーテックでは、だるまストーブ全開です。
 
シーズン前、めちゃめちゃ寒いこの時期にメンテナンスをしてしまおうと言うお客様が増えております。
 
来店していただいたお客様、本当にありがとうございます。
 
只今、リヤリンク周りのベアリング0HとリヤサスOHを作業しております。
 
イメージ 1
 
リヤリンク周りを取り外す作業とリヤサスを外す作業は、一緒なので同時に依頼されると
 
リヤサスを取り外す工賃分が浮くことになるのでとってもお得です。
 
ちなみにフロントントフォークOHとステムベアリングのOHも同じ原理なのでお得になります。
 
どちらも定期メンテナンスなので別々にやらずに同時にやることをお勧めします。
 
ちょっとした工夫で工賃を節約できるのでお悩みの場合はご相談ください。
 
 
 
 
 

私のブログのランキングが上がります。 クリックしてください。 ご協力お願い致します。
https://bike.blogmura.com/offroad/ ←にほんブログ村オフロードブログ
https://bike.blogmura.com/motocross/ ←にほんブログ村モトクロスブログ
 

※ 最近、コメントにいかがわしいコメントが入ってくるので承認制にさせて頂きました。
 
   ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いします。

イメージ 1
 
今度は、YZ250FにWR250Fのライトカウルを取り付ける作業です。
 
YZ250Fのブレーキホースは、フロントゼッケン用なのでとても短いです。
 
そこにWRのライトカウルを取り付けようとするとブレーキホースが張ってしまい付けることができません。
 
なのでブレーキホースをWR250Fの長い物に交換します。
 
ホースが長い分、走行中暴れてしまうのでホースクランプをステムのアッパークランプとロアクランプに
 
取り付けようとしましたが、ハンドガードクランプが邪魔で取り付ける場所がありません。
 
しかたがないのでハンドガードクランプに穴を開け、ねじ山を作成し取り付けてみました。
 
イメージ 2
 
あとは、ライトカウルステイを作成して終了です。
 
これでライトカウルを取り付けてみます。
 
イメージ 3
 
う~ん、良い感じね。   ブレーキホースは、どこにも干渉せずにスムーズに動きます。
 
納得のいく整備ができたと思います。
 
後は、お客様に喜んでいただけたら嬉しいです。
 
 
 
 

私のブログのランキングが上がります。 クリックしてください。 ご協力お願い致します。
https://bike.blogmura.com/offroad/ ←にほんブログ村オフロードブログ
https://bike.blogmura.com/motocross/ ←にほんブログ村モトクロスブログ
 

※ 最近、コメントにいかがわしいコメントが入ってくるので承認制にさせて頂きました。
 
   ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いします。

YZ250FにWR250Fのサスを移植する作業の最後の工程です。
 
06YZ250Fの右側カラーが届きました。
 
スピードメータギアの厚みとまったく同じです。
 
イメージ 1
 
これならYZ250FのホールASSYを使用できます。
 
早速、取り付けてみると。
 
イメージ 2
 
これがドンピシャなのよ。
 
わずらわしいメーターギアを取り外すことができました。
 
仕上がりは、こんな感じです。
 
イメージ 3
 
何の違和感もなくYZ250FにWR250Fのフロントフォークを移植することができました。
 
YZ250FのホイールASSY、ブレーキ周りも使用できてうまく仕上げることができました。
 
コメントでアドバイスしてくれた方、本当にありがとうございました。
 
 
 
 
 

私のブログのランキングが上がります。 クリックしてください。 ご協力お願い致します。
https://bike.blogmura.com/offroad/ ←にほんブログ村オフロードブログ
https://bike.blogmura.com/motocross/ ←にほんブログ村モトクロスブログ
 

※ 最近、コメントにいかがわしいコメントが入ってくるので承認制にさせて頂きました。
 
   ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いします。

↑このページのトップヘ