バイク修理人生

バイク屋店長のバイク遊びと修理の日記

2013年04月

アプリリアSR125 のキャブレターがトンでもないことになっていましたが
 
どうにか再生する方向で修理が決まった件です。
 
デロルトのキャブレターは、フロートチャンバーがプラスチックというおったまげた構造。
 
経年劣化で割れたら危ねぇじゃんかよ。    何考えているんだろう?
 
イメージ 1
 
清掃に清掃をかさね、どうしても再生できない部品は、交換をしました。
 
ガソリンをキャブレターに導入するニップルがキャブレター本体に圧入されているのだけれども
 
気が付くと抜けているのに気づいたときは、ビックリしました。
 
普通こんなところ抜けるか?   クオリティーの低さに2度ビックリです。
 
もう、これぐらいのことでは、へこみません。
 
イメージ 2
 
いつも使用している超強力なパテでくっ付けてやりましたよ。
 
とりあえず再生できたと思います。
 
あとは、車両に取り付けてエンジン GOです。
 
果たして、エンジン始動するのか~!?
 
 
 
 
 

私のブログのランキングが上がります。 クリックしてください。 ご協力お願い致します。
https://bike.blogmura.com/offroad/ ←にほんブログ村オフロードブログ
https://bike.blogmura.com/motocross/ ←にほんブログ村モトクロスブログ
 

※ 最近、コメントにいかがわしいコメントが入ってくるので承認制にさせて頂きました。
    ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いします。

今日は、ショップの働く車、軽トラのハイゼットのエンジンオイル交換しました。
 
いつもの青空整備工場で行います。
 
イメージ 1
 
エンジンオイルは、もちろんモチュールを使用しています。   な~んて贅沢な軽トラなんだ。
 
エンジンオイル交換時期なんですが、100%化学合成のエンジンオイルを使用しているので
 
3.000kmまたは、1年毎ごとに交換しています。
 
私の場合、走行距離が3.000kmまでいかないので1年ごとの交換になります。
 
今回は、オイルエレメントも交換です。
 
ハイゼットは、昔からそうなんだけどエンジンオイルを入れる導入口がめっちゃおちょぼ口なのよ。
 
イメージ 2
 
ここを小さくしている必要性がまったくわからん。
 
エンジンオイルを入れるのに少しずつゆっくり入れないとリバースしてあふれ出てきて
 
トンでもないことになるんだよね。
 
オイルを入れるのにスゲー時間が掛かるからイライラするのよ。
 
何でもっと大きくしないのかな~。
 
まあ、とりあえずエンジンオイル交換して絶好調でございます。
 
 
 
 
 

私のブログのランキングが上がります。 クリックしてください。 ご協力お願い致します。
https://bike.blogmura.com/offroad/ ←にほんブログ村オフロードブログ
https://bike.blogmura.com/motocross/ ←にほんブログ村モトクロスブログ
 

※ 最近、コメントにいかがわしいコメントが入ってくるので承認制にさせて頂きました。
    ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いします。

ZX-10Rのプラグ交換をしております。
 
昨日、お話ししたようにプラグがトンでもない所に付いているのですが、とりあえず外してみることに。
 
イメージ 1
 
エアクリーナBOXを外すことが出来ませんが、2番、3番のプラグは、
 
エアダクトを持ち上げて何とか交換することができそうです。
 
しかし、1番、4番のプラグが曲者。
 
イメージ 2
 
ご覧のとおりダイレクトイグニッションコイルを抜こうとすると上部が当たってしまいまったく抜ける気配なしです。
 
おいおい、いよいよもってエンジン降ろしか?
 
いやいや、意地でも降ろさねぇぞ。
 
ちゅうことでダイレクトイグニッションコイルがあたってしまうエンジンマウントのプレートを
 
外せば何とかならないでしょうか。
 
イメージ 3
 
まずは、エンジンマウントを外しエンジンマウントプレートを外そうとしたらトンでもない所にボルトが・・・。
 
これはもう、有り余る工具に物を言わせて取り外します。
 
「たいして使わないわけの分からん工具をたくさん買っておいて良かった~」とこういう時に思いますね。
 
しかし、一番奥にあるボルトは、取り外すのに時間が掛かりそうなので緩めるだけにして
 
プレートを手前にずらし再度、ダイレクトイグニッションコイル取り外しにチャレンジです。
 
これでダメだったらもう物理的に不可能なのでエンジンを降ろします。
 
イメージ 4
 
ちょっと知恵の輪状態でしたが、なんとかダイレクトイグニッションコイル取り外し完了。
 
今度は、プラグの取り外しでプラグレンチが入るには入りますが、プラグを外してプラグレンチごと
 
引きずり出そうとするとフレームに当たって出てこない。
 
最悪だ~~~。
 
どうしようと思っていたら~良いもの見つけちゃったよ。
 
イメージ 5イメージ 6             
 
 
これ、YZ250Fの純正プラグレンチ。    可動式になっているんだな。
 
持ち上げてフレームに当たったら可動させることにより抜くことが出来ちゃったんだな。
 
同じようにして1番プラグも無事に交換できて、めでたしめでたしでございます。
 
一時は、エンジン降ろしかと思われましたが、工具さえあればなんとか交換できるようにカワサキさんも
 
作ってくれたみたいです。
 
日本の技術開発の方々は、流石ですね。
 
 
 
 
 
 

私のブログのランキングが上がります。 クリックしてください。 ご協力お願い致します。
https://bike.blogmura.com/offroad/ ←にほんブログ村オフロードブログ
https://bike.blogmura.com/motocross/ ←にほんブログ村モトクロスブログ
 

※ 最近、コメントにいかがわしいコメントが入ってくるので承認制にさせて頂きました。
    ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いします。

カワサキ ZX-10R の点検整備中です。
 
走行距離が 18.000kmです。
 
そろそろプラグとエアエレメントの交換時期ですね。
 
イメージ 1
 
最近のインジェクション使用のビックバイクは、純正でイリジュウムプラグを使っています。
 
白金プラグとイリジュウムプラグは、100.000km 交換不要なんて言う方もいるけどこれは誤解ね。
 
自動車に使用されている白金プラグまたはイリジュウムプラグは、長寿命タイプというプラグが
 
使用されているので 100.000km 交換不要なのよ。
 
白金プラグ、イリジュウムプラグには、長寿命タイプとそうでないタイプの2種類があるのよね。
 
そして、今現在バイクには、長寿命タイプのイリジュウムプラグが販売されていないので
 
早い次期での交換が必要なんですよ。
 
NGKプラグのメーカーさんでは、5.000km ごとに交換と指定されているけど、値段が
 
普通のプラグの3倍ぐらいするイリジュウムプラグを普通のプラグと同じ交換時期で交換できないよね。
 
そこで、私は、知人のバイク屋さんたちに聞いてみたんだけど 20.000kmぐらいまでには
 
交換してるとのことでした。
 
イリジュウムプラグは、普通のプラグに比べて突然に火花が飛ばなくなるという現象が時々あるので
 
心配な方は、もうちょっと早い段階で交換したほうが良いと思いますよ。
 
なので、今回、プラグ交換に踏み切ったのだけれどもプラグが外れないよ・・・。
 
イメージ 2
 
エアクリーナーダクトの下あたりにあるんだけどダクトは、おろかエアクリーナーBOXすら外れない構造。
 
トンでもないことに1番と4番のプラグなんかフレームの真下にありやがる。
 
どういうこっちゃ・・・。
 
このバイクは、プラグ交換するのにエンジンを下に降ろすのか?
 
そんなわけないやろ~~~。
 
こんなんだったら長寿命タイプのイリジュウムプラグを入れていてほしいわ~。
 
 
 
 
 
 

私のブログのランキングが上がります。 クリックしてください。 ご協力お願い致します。
https://bike.blogmura.com/offroad/ ←にほんブログ村オフロードブログ
https://bike.blogmura.com/motocross/ ←にほんブログ村モトクロスブログ
 

※ 最近、コメントにいかがわしいコメントが入ってくるので承認制にさせて頂きました。
    ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いします。

カワサキ ZX-10R を点検でお預かりしました。
 
イメージ 1
 
いつもオフロードバイクを整備しているので大きく感じます。
 
でも、1000ccでこの大きさ、本当は、めちゃめちゃ小さいんですよね。
 
私の友人曰く 「このバイクは、300km/hちかく出るんだよ」 らしいです。
 
どこでそんなスピード出すんだよ・・・。
 
さて、点検を行っているんだけど何をやるにも大変よ。
 
イメージ 2
 
エアクリーナなんかこんなところにあるしさ。
 
最近の自動車をいじくるぐらいに整備性が悪いよ。
 
詰め込みすぎなんだよね。   
 
自動車のエンジンを積んでコンパクトにしているんだから仕方がないんだけどね。
 
狭いところにボルトやナットがあるから自動車整備士時代に集めたヘンテコな工具が大活躍だよ。
 
「こんなところにあるボルトをどうやって緩めるのよ?」 というボルトも訳の分からん形をした工具で
 
簡単に外せるんだよね。   めっちゃ時間短縮だわ~。
 
工具って便利だよね~。
 
 
 
 
 

私のブログのランキングが上がります。 クリックしてください。 ご協力お願い致します。
https://bike.blogmura.com/offroad/ ←にほんブログ村オフロードブログ
https://bike.blogmura.com/motocross/ ←にほんブログ村モトクロスブログ
 

※ 最近、コメントにいかがわしいコメントが入ってくるので承認制にさせて頂きました。
    ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いします。
 

↑このページのトップヘ