バイク修理人生

バイク屋店長のバイク遊びと修理の日記

2014年09月

イメージ 1
 
転倒により変形してしまったラジエター。
 
一見そんなに変形してなさそうに見えますが、外して見るとかなりすごい。
 
イメージ 2
 
スチールで出来ているラジエターガードも良い感じで変形しています。
 
イメージ 3
 
最近、ラジエターの価格がかなり高騰しています。
 
特に外車のラジエターになると片側だけで諭吉様が4人ほど飛んでいってしまうようなお値段。
 
なので直しましょう、出来る限り直しましょうよ。
 
バイクのラジエターは、オールアルミ製。
 
なのである程度の修正は効きますが、ある一線を越えると パキッ! っていうて割れてしまいます。
 
その限界値ギリギリで力を加えて修正していきます。
 
こんなもんでしょうかね。
 
イメージ 4
 
スチール製のラジエターガードも修正します。
 
こちらは、頑丈なのでハンマーでガンガン叩いて修正です。
 
イメージ 5
 
あとは車体に取り付けながら微妙な位置調整のための修正をおこないます。
 
こちら修正後のラジエターでございます。
 
イメージ 6
 
右側もすさまじい形になっていたので同じように直しました。
 
両方共に修正が出来たら最終チェックです。
 
クーラントを入れエンジンを始動させて熱と圧を掛けていきます。
 
それで水漏れを起こさなければOKで終了でございます。
 
左右のラジエターを交換すると目ん玉飛び出すぐらいのお金が掛かるので修正の方が
 
とってもお得なの~。
 
使える物は、なるべく使っていきましょう。
 
 
 
 
パワーテック(お店)のHPです。
http://www.ad.cyberhome.ne.jp/~power-tech/
 

私のブログのランキングが上がります。 クリックしてください。 ご協力お願い致します。
https://bike.blogmura.com/offroad/ ←にほんブログ村オフロードブログ
https://bike.blogmura.com/motocross/ ←にほんブログ村モトクロスブログ
 

※ 最近、コメントにいかがわしいコメントが入ってくるので承認制にさせて頂きました。
    ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いします。
 

久しぶりの RM-Z250 の修理依頼でございます。
 
イメージ 1
 
以前は、RM-Z250もよく整備したのですが、最近、乗られている方が少ないためか
 
あまり手掛ける機会がありません。
 
今回は、サスペンションのOHとちょっとした整備でございます。
 
モトクロッサーは、リヤサスを外す時にサブフレームを外してやるととっても楽チン。
 
イメージ 2
 
リヤサスを外してフロントフォークを外すとめちゃめちゃ不安定になっちゃったのでとりあえず
 
リヤ側にダミーサスを取り付けてバランスを取って放置プレイです。
 
イメージ 3
 
すご~く昔、ダミーサスを付けた状態でバイクを放置していたらあるお客様に
 
「最近のオフロードレーサーには、すごい画期的なサスが付いているんだね」 って言われました。
 
「いやいや、これはサスじゃないから、ダミーサスですから」 って答えると 
 
「え!?  だよねぇ~、こんなサスありえないよね~」 爆笑
 
ダミーサスを自作してバイクを保管しているバイク屋もないから勘違いしちゃうよね~。
 
でも、うちみたいな小さいバイク屋さんは、これがあるととっても便利なのよ。
 
場所が無いとき、移動とか出来ちゃうでしょ。
 
サス屋さんからサスが戻ってくるまでバイクがスタンドに上がりっぱなしっていうのも邪魔なんだわさ。
 
重宝してますわ。
 
 
 
 
パワーテック(お店)のHPです。
http://www.ad.cyberhome.ne.jp/~power-tech/
 

私のブログのランキングが上がります。 クリックしてください。 ご協力お願い致します。
https://bike.blogmura.com/offroad/ ←にほんブログ村オフロードブログ
https://bike.blogmura.com/motocross/ ←にほんブログ村モトクロスブログ
 

※ 最近、コメントにいかがわしいコメントが入ってくるので承認制にさせて頂きました。
    ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いします。
 

スーパーカブ110のカスタムの依頼でタンデムシートを取り付けたときに不具合発生。
 
イメージ 1
 
安い商品なんでこういう物なんだよと言われてしまえば、それで良いのかもしれないけど、
 
なんか納得がいかない。
 
それは何かと言いますとシートを下ろした状態でシート後方部が左右に動いてしまうんですよ。
 
イメージ 2
 
後方部にストッパーも何も無いので前方にあるヒンジを視点として左右にかなり動いてしまいます。
 
シートに着座した状態でもお尻を左右に動かすとシートが動く状態です。
 
なんかとっても嫌な感じ。
 
この商品の設計時の詰めの甘さが思いっきり出ています。
 
ただたんにストッパーを付けてあげれば良いだけなのになぜそれが出来ないんだろう?
 
なのでパワーテック真心サービスでストッパーを作成してあげましょう。
 
まあ、そんなに大それた物ではないのですが、こんな物を作ってみました。
 
イメージ 3
 
シート側に2本の突起物があるのでその内側に当たるようにしてあげればまったくシートは動きません。
 
あと、シートロックもチョーいい加減な作り方をしていたのでそちらも手直ししておきました。
 
あ~これでスッキリした。
 
商品設計の詰めの甘さのせいで私のせいじゃないんだけど、どうもこういうの許せないんですよね。
 
さあ、スッキリしたところで完成でございます。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
とってもカッコ良くなりました。
 
ノーマルに比べるとめちゃめちゃ良いよね~。
 
 
 
 

パワーテック(お店)のHPです。
http://www.ad.cyberhome.ne.jp/~power-tech/
 

私のブログのランキングが上がります。 クリックしてください。 ご協力お願い致します。
https://bike.blogmura.com/offroad/ ←にほんブログ村オフロードブログ
https://bike.blogmura.com/motocross/ ←にほんブログ村モトクロスブログ
 

※ 最近、コメントにいかがわしいコメントが入ってくるので承認制にさせて頂きました。
    ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いします。
 

カブ110のカスタムのご依頼です。
 
おっ! パワーテックは、オフロードバイク専門店じゃねぇのか? と思われた方、
 
それは大きな勘違いでございます。
 
パワーテックは、バイク屋さんです。   何でもやりますよ。
 
と言うことで色々な部品を交換していきます。
 
まずはリヤサスとシートね。
 
イメージ 1
 
シートは、タンデムシートなのでシートキャリアを取り付けないと付きません。
 
リヤサスは、フルメッキのコイルスプリング式の物に変更。
 
そして、マフラーは、キタコで販売しているステンレスのフルエキマフラー。
 
イメージ 2
 
ノーマルと比べるとめちゃめちゃ軽いです。
 
エキゾーストパイプの内径もこんなに違います。
 
イメージ 3
 
ノーマルが細すぎですよね。   ドンだけ排気効率を悪くしてんだよ。
 
これで高回転が良く回っちゃったりするんじゃないでしょうか。
 
イメージ 4
 
排気音は、空冷単気筒独特のとても心地良い音です。
 
ノーマルより若干音量は大きくなりますが、うるさいと感じる音では決してありません。
 
とても静かですね。
 
イメージ 5イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クリアウインカーレンズにクラシカルミラーを装着。
 
ベトナムキャリアも取り付けます。
 
イメージ 7
 
そして、問題は、こちらのタンデムシート。
 
イメージ 8
 
取り付けられたのですが、不具合発生。
 
「気にすんな」 と言われてしまえばそうなんですが、う~ん、私は、納得いかないんですよね。
 
 
 
 
パワーテック(お店)のHPです。
http://www.ad.cyberhome.ne.jp/~power-tech/
 

私のブログのランキングが上がります。 クリックしてください。 ご協力お願い致します。
https://bike.blogmura.com/offroad/ ←にほんブログ村オフロードブログ
https://bike.blogmura.com/motocross/ ←にほんブログ村モトクロスブログ
 

※ 最近、コメントにいかがわしいコメントが入ってくるので承認制にさせて頂きました。
    ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いします。

今時のオフロードレーサーのシート高は、めちゃめちゃ高い。
 
特に外車のエンディーロレーサーなんかトンでもねぇ高さだ。
 
私のように背の低いライダーは、足が地面まで到底届くはずがありません。
 
モトクロスレースだとそんなに気にならないのですが、エンデューロレースとなるとハンパなく辛い。
 
まったく足が地面に届かないのでバイクが30度傾くと転倒せざる終えない。
 
今回、お客様も背の低い方なのでシートのアンコ抜きの依頼を頂きました。
 
以前、一度アンコ抜きしたのですが、これじゃあダメらしいです。
 
イメージ 1
 
あまり抜きすぎると座った時のライディングポジションが悪くなるのとお尻が痛くなるので
 
ある程度のところで抑えたんだけど、もっと低くして欲しいとのことですので作業に取り掛かります。
 
お尻が痛くなっても良いのでギリギリまで削って欲しいということでいくところまでいってみました。
 
イメージ 2
 
写真で見るとまだ削れんじゃないかと思ってしまいますが、シートベースが底上げされているので
 
これぐらいが限界です。
 
これ以上削ると手でスポンジを押しただけでシートベースに触れてしまいます。
 
同時にステップシートも作成しました。
 
あとは、シートカバーをエアータッカーで打ち付けていきます。
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
タッカーでシートカバーを張り付けるとこんな感じ。
 
イメージ 5
 
出来栄えは、良いんだけどかなり硬い・・・。
 
まるで畳の上に座っているよう。
 
う~~~ん、これは、シートに座るな ちゅうことですね。
 
常に立って走れということですな。
 
オフロードライディングの基本中の基本、「常に立って走れ!」 を実行できますね。
 
 
 

パワーテック(お店)のHPです。
http://www.ad.cyberhome.ne.jp/~power-tech/
 

私のブログのランキングが上がります。 クリックしてください。 ご協力お願い致します。
https://bike.blogmura.com/offroad/ ←にほんブログ村オフロードブログ
https://bike.blogmura.com/motocross/ ←にほんブログ村モトクロスブログ
 

※ 最近、コメントにいかがわしいコメントが入ってくるので承認制にさせて頂きました。
    ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いします。
 

↑このページのトップヘ