バイク修理人生

バイク屋店長のバイク遊びと修理の日記

2015年07月

先日の出来事です。
 
ショップの中にある作業の終わったバイクと倉庫に置いてある作業待ちのバイクを入れ替えるため
 
ショップのドアを全開にしておりました。
 
すると2つの黒い物体が外からショップの中にダイブしてきたのです。
 
うあっ!   なに?なに?なに?
 
おののきながらよく見ると親スズメと子スズメです。
 
親スズメの方は、事の重大さに気づき即座に外へ逃げたのですが子スズメの方は、居座ります。
 
おいおい、勘弁してくれ、出てってくれよ と追い出そうとすると・・・。
 
もう、逃げまくり、ショップの中を右へ左へと逃げまくり。
 
最悪なのがショップの中にある工具や部品の隙間に隠れるんですよ。
 
静かに息をこらして隠れているんです。
 
どこに行ったか分からなからなくなりそれを探すのにまた一苦労。
 
だからといって放っとくわけいかんでしょう。
 
めっちゃ一生懸命に探し見つけて逃してあげようとすると逃げて隠れる。
 
もうこれの繰り返し。   ずーーーーと繰り返し。
 
子スズメと格闘すること小一時間。
 
やっと出て行って頂けたのだけれども疲れたわ~、ほんま疲れたわ~。
 
本当に傍迷惑もいいところですよ。
 
勘弁して欲しいよまったく・・・。
 
ところでちゃんと親スズメのところに帰れたのでしょうかね?
 
心配でなりません。
 
 
 
 
 

私のブログのランキングが上がります。 クリックしてください。 ご協力お願い致します。
https://bike.blogmura.com/offroad/ ←にほんブログ村オフロードブログ
https://bike.blogmura.com/motocross/ ←にほんブログ村モトクロスブログ
 

※ 最近、コメントにいかがわしいコメントが入ってくるので承認制にさせて頂きました。
    ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いします。

イメージ 1
 
1990年台に販売されていたホンダ AX-1。
 
エンジンも調子が良くて何の問題もなく走行しておりました。
 
しかし、ここに来てチェーンがダルダルに伸びきってしまい外れそうな勢いです。
 
イメージ 2
 
リアスプロケットの摩耗は、それほどでもないのですがチェーンを交換する時は、フロントスプロケット、
 
リアスプロケット、チェーンの3点交換が基本です。
 
なので3点の発注をかけたところ、最悪の回答が帰ってきました。
 
リアスプロケット販売終了。    ちーん・・・。
 
おいおい消耗品だぞ、どういうこっちゃ。
 
それじゃあ、社外品をと思って探したら AX-1 は、特殊なスプロケットのためどこも販売しておりません。
 
コストがかかる割には、需要が無いため作らないということです。
 
最悪な事態発生です。
 
もう、どうにもならないのでフロントスプロケットとチェーンの2点交換でごまかしました。
 
最近、こういう事態が多発しております。
 
メーカー側は、車両の生産を終了してから10年まで部品を製造するけど10年を過ぎたら製造を打ち切り
 
在庫のみの販売で在庫がなくなった時点で販売終了です。
 
10年ですよ、たった10年。
 
普通、バイクなんか10年以上元気いっぱい走るでしょう。
 
特に1990年台に作られたバイクなんかめちゃめちゃお金かけて作ってるから耐久性抜群で
 
何のトラブルもなく走っちゃうよね。
 
「もったいない精神で物を大事にしろ」 なんて言ってるけど大手メーカーが、
 
買い替えさせるような商法をしてるんだから筋が通らねぇだろ ちゅう話ですよ。
 
今回のようになってしまったら買い替えざるおえないですよね。
 
年式の古いバイクを大事にお乗りになっている方は、十分注意して下さい。
 
 
 
 
 

私のブログのランキングが上がります。 クリックしてください。 ご協力お願い致します。
https://bike.blogmura.com/offroad/ ←にほんブログ村オフロードブログ
https://bike.blogmura.com/motocross/ ←にほんブログ村モトクロスブログ
 

※ 最近、コメントにいかがわしいコメントが入ってくるので承認制にさせて頂きました。
    ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いします。

昨日、登録に行ってきた新車車両の納車準備です。
 
バイクは、ホンダ リード125。
 
イメージ 1
 
以前のモデルのリードは、本当にオッサンが乗るようなデザインでしたが、リード125になってから
 
なかなかどうしてカッコイイですよ。
 
リードの売りは、以前から定評のあったシート下のとっても広いスペースです。
 
イメージ 2
 
りード125になってもこれは健在でございます。
 
125ccクラスでこれだけ広くスペースを取っているのは、りードだけでしょう。
 
この広さは、とっても便利ですよね。   ホンダさんやるじゃねぇか~。
 
あと、面白かったのが燃料コックのフタね。
 
イメージ 3
開閉ボタンを押すとフタが横にスライドして燃料コックが出てくるのよ。
 
イメージ 4
 
初めて開けた時、思わず 「おっ、カッコイイな~」 とかつぶやいちゃいました。
 
ホンダだとPCX125とかDio110とかに目がいってしまうけどリード125も全然ありですね。
 
さて、納車準備を始めます。
 
まず最初にバッテリーを取り付けるんだけどやっぱりホンダさんは、バッテリーがここにあるのね。
 
イメージ 5
 
フロントカバーを外さなきゃいけないのよ。
 
もう、ホント嫌だ~~~。
 
このフロントカバーは、2本のボルトと3箇所のグロメットで止まっています。
 
このグロメットが厄介で、すごく硬いため力技を使用すると破れそうになっちゃうのよ。
 
工具を突っ込むにも新車でしょう、傷を付けてしまいそうですごく嫌なんだよね。
 
いつもドッキドキで作業しています。
 
今日もグロメットが外れる 「バキッ!」 という音に驚かされながら作業しました。
 
バキッ! という音がする度にに心臓が止まりそうになります。
 
もう、心臓がいくつあっても足らねぇよ。
 
イメージ 6
 
無事に何事も無くバッテリーまで到達しました。
 
バッテリー付けて各部点検調整してワックス掛けて終了です。
 
後はお客様にお引渡しです。
 
 
 
 
 

私のブログのランキングが上がります。 クリックしてください。 ご協力お願い致します。
https://bike.blogmura.com/offroad/ ←にほんブログ村オフロードブログ
https://bike.blogmura.com/motocross/ ←にほんブログ村モトクロスブログ
 

※ 最近、コメントにいかがわしいコメントが入ってくるので承認制にさせて頂きました。
    ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いします。

猛暑が続いておりますが、皆さん、お身体大丈夫でしょうか?
 
朝一で2つ隣の市の市役所までスクーターの廃車と登録に行ってまいりました。
 
遠方にお住まいのお客様がわざわざパワーテックで新車購入をして頂き申し訳ない気持ちと
 
とてもありがたい気持ちでいっぱいでございます。
 
涙がチョチョ切れそうです。
 
今日は、平日のためか道路も空いていて割と早く着きました。
 
イメージ 1
 
この前の土曜日に町田市まで行った時とは、大違いです。
 
やっぱり、土、日曜日に自動車を走らせるもんじゃありませんね。
 
登録が済んだら即効で帰って今度は、自賠責保険の車両入れ替えの手続きです。
 
自賠責保険の車両入れ替えの手続きは、その保険会社の支社へ行かないと出来ません。
 
それでさあ、保険会社の支社って大概、お客様の駐車場ってないのよね。
 
だからこのくそ暑い中、自転車ですよ自転車。
 
まあ、毎日自転車通勤だから慣れてるといえば慣れていますが、支社まで結構遠いいのよ。
 
支社に着くころにゃあ、全身汗でビッショリ。
 
それで支社の窓口に行ったら若い綺麗なお姉さんが出てくるでしょう、恥ずかしいったらありゃしない。
 
絶対、変態オッサンがやって来たと思われたと思うんだよね。
 
そんなんだから用事が済んだら逃げるようにそそくさと帰ったんだけどショップまでまた、自転車なわけよ。
 
もう、ショップに着く頃には、性も根も尽き果てていました。
 
朝からえらい疲れましたね。
 
これも保険会社の支社に駐車場がないのがすべていけないんだよ~。
 
皆さん、熱中症には、十分気を付けてくださいね。
 
 
 
 
 

私のブログのランキングが上がります。 クリックしてください。 ご協力お願い致します。
https://bike.blogmura.com/offroad/ ←にほんブログ村オフロードブログ
https://bike.blogmura.com/motocross/ ←にほんブログ村モトクロスブログ
 

※ 最近、コメントにいかがわしいコメントが入ってくるので承認制にさせて頂きました。
    ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いします。

先日のリムが変形しまくりクラックが入っていた車両の続きです。
 
新品のリムが届いたので早速、作業開始ね。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
純正のリムは、値段がお高いので今回注文したのは、ダートフリークで販売している
 
ZーWHEEL R5 リムでカラーは、レッドを選択。
 
なかなか綺麗な赤なのね。
 
これを傷つけないようにハブへ仮付けしていきます。
 
イメージ 3
 
車両のセンターが出るように仮付けします。
 
ハブのセンターじゃないですよ車両のセンターですよ。
 
こことっても大事なところね。
 
ハブのセンター=車両のセンターでは、ありませんからね、気を付けましょう。
 
そして、仮付けしたものをジャイロスタンドに乗せて振れ取りを行います。
 
イメージ 4
 
私、この作業が、とっても楽しくて仕方ありません。
 
ダイヤルゲージを使用しちまちま調整して最終的に振れを 0.2~0.3mmまで持っていきます。
 
このちまちま感と振れが取れた時の達成感がプラモデラーの心をくすぐります。
 
もう~、たまりません。
 
そうです、私、変態でございます。
 
綺麗に組み上がったら車両に取り付けて終了です。
 
 
 
 
 

私のブログのランキングが上がります。 クリックしてください。 ご協力お願い致します。
https://bike.blogmura.com/offroad/ ←にほんブログ村オフロードブログ
https://bike.blogmura.com/motocross/ ←にほんブログ村モトクロスブログ
 

※ 最近、コメントにいかがわしいコメントが入ってくるので承認制にさせて頂きました。
    ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いします。

↑このページのトップヘ