バイク修理人生

バイク屋店長のバイク遊びと修理の日記

2018年04月

タイヤ交換の時、古いタイヤを外し新品タイヤを組み付けて、ハイ、終了。

ってやってませんか?

ホイールの中を清掃してあげましょうよ~。

イメージ 1

こちらダートは、ほとんど走らないオンロードオンリーのホイール内部です。

ほぼオンロードのみなのにこんな感じで汚れています。

これを放置しておくとアルミが粉を吹いてめくれ上がってくるという症状が出て来ちゃいます。

もうそうなったらどうにもならんとよ。

そうさせないためにも、タイヤ交換でタイヤを外した時ぐらいホイール内部を清掃してくださいね。

イメージ 2

パワーテックでは、真心サービスで清掃させて頂いております。

パワーテックは、見えないところも手を抜かないプラモデラー精神で

作業にあたらせて頂いております。





私のブログのランキングが上がります。 クリックしてください。 ご協力お願い致します。
https://bike.blogmura.com/offroad/ ←にほんブログ村オフロードブログ
https://bike.blogmura.com/motocross/ ←にほんブログ村モトクロスブログ

※ 最近、コメントにいかがわしいコメントが入ってくるので承認制にさせて頂きました。
    ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いします。

ハイエースの車検前にもう一仕事。

まったく交換していなかったファンベルト、パワステベルト、クーラーベルトの交換です。

イメージ 1

パワステベルト、クーラーベルトが切れても対処ができますが、ヤバイのがファンベルトね。

コイツが切れたら発電しなくなっちゃうからバッテリーが空になった時点でエンジンストップよ。

もうそうなったらお手上げ状態で、ハイエースは、何の役にもたたないただの鉄の塊ね。

だからベルト類は、定期的に交換した方が良いんだわさ。

まあ、全然交換していなかった私が言っても何の説得力もありませんが・・・。

ハイエースは、エンジンがシート下にあるためすごく作業し辛いのね。

イメージ 2

隙間がないからベルトの取外しには、そりゃあもう腕が傷だらけさ~。

自動車の下にもぐったり室内に入ったりと、上行ったり下行ったりとすごく手間が掛かるのよ。

イメージ 3

イメージ 4

そして、これが外したベルトね。

ヤバイよ、ヤバイよ~。   亀裂が入りまくりだよ。

こういう亀裂が入るといずれいきなり切れちゃうわけなのよ。

イメージ 5

さて、ベルト交換完了でございます。

あと、もう一つ気がかりなのは、スタビライザーのゴムブッシュね。

まだ今のところ大丈夫なのですが、かなり亀裂が入っています。

スタビライザーは、かなりテンションが掛かっているから青空整備工場で作業するのは、

ちょっと難儀しそうです。

これは、自動車屋さんに依頼しちゃおうかな~。





私のブログのランキングが上がります。 クリックしてください。 ご協力お願い致します。
https://bike.blogmura.com/offroad/ ←にほんブログ村オフロードブログ
https://bike.blogmura.com/motocross/ ←にほんブログ村モトクロスブログ

※ 最近、コメントにいかがわしいコメントが入ってくるので承認制にさせて頂きました。
    ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いします。

セロー250のスイングアームピボット部のベアリング加工の続きです。

必要な部品は、こちら。

イメージ 1

ブッシュを抜いたスイングアームにベアリングを圧入します。

イメージ 2

ベアリングが入るスイングアーム穴の内面が奥で段になっているので、

グイグイ押し込んでしまうとベアリングが潰れます。

ベアリングが段に当たった感覚で圧入をストップしますんよ。

この感覚がすごく難しいのね。

このようにして、左右にベアリングを2個づつ入れます。

イメージ 3

ベアリングが潰れるのをビビってベアリングを奥まで圧入できないと、ベアリングと

スイングアーム端面との距離が無くなってブッシュで蓋をすることが出来なくなちゃうのね。

ブッシュで蓋をするためにノーマル新品ブッシュを短くカットします。

イメージ 4

こちらのノーマルブッシュをこのように短くカットします。

イメージ 5

そして、カラーがブッシュに当たり抵抗になるからブッシュの内径をほんの少し大きくして

カラーがベアリングのみで動くようにするんよ。

ここまで出来たらこのブッシュをスイングアームに圧入します。

これでスイングアームは終了。

リンクの方は、通常通り洗浄してグリスを塗りたくります。

イメージ 6

新車時は、ブッシュだというのにグリスがほんの少ししか付いていません。

こんなんじゃあ、カラーもブッシュもすぐに摩耗してしまいますよ。

全部組み付けて作業終了でございます。

イメージ 7

この作業をやるとやっぱりスイングアームの動きがスムーズになるんだよね。





私のブログのランキングが上がります。 クリックしてください。 ご協力お願い致します。
https://bike.blogmura.com/offroad/ ←にほんブログ村オフロードブログ
https://bike.blogmura.com/motocross/ ←にほんブログ村モトクロスブログ

※ 最近、コメントにいかがわしいコメントが入ってくるので承認制にさせて頂きました。
    ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いします。

イメージ 1

セロー250のリンクブッシュのOH及びスイングアームピボットブッシュのベアリング加工の

ご依頼を承りました。

まずは、スイングアーム周りを分解します。

イメージ 2

イメージ 3

作業前にスイングアームが汚れているので洗浄して綺麗にします。

イメージ 4

セロー250のスイングアームピボット部分は、ベアリングではなくブッシュで出来ています。

そのためスイングアームの動きが、渋いのよね。

なので、ブッシュを廃止してベアリングへ加工します。

以前にも作業したので要領は分かっております。

まずは、スイングアームのブッシュを外します。

イメージ 5

これがかなり硬く圧入されているため抜くのにすごく難儀するようです。

しかし、工具マニアの私は、工具に物を言わせてすんなり取り外します。

ブッシュを取り外したらベアリング仕様に加工していきます。





私のブログのランキングが上がります。 クリックしてください。 ご協力お願い致します。
https://bike.blogmura.com/offroad/ ←にほんブログ村オフロードブログ
https://bike.blogmura.com/motocross/ ←にほんブログ村モトクロスブログ

※ 最近、コメントにいかがわしいコメントが入ってくるので承認制にさせて頂きました。
    ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いします。

駐車場に置いてある軽トラックをふと見ると・・・。

ん!?  何かフロントタイヤが少し潰れてないかい?

イメージ 1

空気圧を調べてみると半分ぐらいに減っています。

あ~、パンクなのね~~~。

ハイエースの修理が終わったと思ったら今度は、軽トラックかい?

まったく次から次へと壊れやがって、ご立腹でございます。

釘でも踏んでいるのかね?

イメージ 2

タイヤを外してみたら・・・。

イメージ 3

エアバルブの根元に亀裂が入ってエア漏れしてました。

バイクでもよくある修理だよ。

グッ! って曲げたら完全に折れちゃったよ。

よく見ると左フロントも亀裂が入ってるのね。

もう、両方交換だね。

エアバルブを交換するには、タイヤを外さないとできないのよ。

イメージ 4

タイヤチェンジャーなんてものは、ありませんから手作業で行います。

自動車も13インチ位までは、手組でいけます。

自動車整備士の新人時代は、先輩に1日で6台分24本を手組で

タイヤ交換させられましたよ。

きっと今じゃあ、パワハラだとか言われちゃうんでしょう。

でもさ、そういうのをやらされていたから今でも普通に手組で

タイヤ交換とかできちゃうんだよね。

下積み時代は、色んなことを経験しておいた方が後々役に立つと思うんだよね。

特に技術職は、「経験してなんぼ」 ってところがありますよね。





私のブログのランキングが上がります。 クリックしてください。 ご協力お願い致します。
https://bike.blogmura.com/offroad/ ←にほんブログ村オフロードブログ
https://bike.blogmura.com/motocross/ ←にほんブログ村モトクロスブログ

※ 最近、コメントにいかがわしいコメントが入ってくるので承認制にさせて頂きました。
    ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いします。

↑このページのトップヘ