バイク修理人生

バイク屋店長のバイク遊びと修理の日記

2018年08月

先日、お客様がバイクに愛犬を乗せて来店しました。

イメージ 1

犬をバイクに乗せるため用のボックスらしいです。

犬が顔を出せるようにボックスに開閉式の窓があります。

ボックスの横には、エアベント用の穴もあるので、走行するとある程度

風が導入されるみたい。

一応、ボックスの中でリードで繋がれているのですが、ボックスに入れると

自ら顔を出し走行中もおとなしくしているそうです。

イメージ 2

な~んか、可愛くて笑っちゃうよ。

世の中、色々なものが販売されていますね。





私のブログのランキングが上がります。 クリックしてください。 ご協力お願い致します。
https://bike.blogmura.com/offroad/ ←にほんブログ村オフロードブログ
https://bike.blogmura.com/motocross/ ←にほんブログ村モトクロスブログ

※ 最近、コメントにいかがわしいコメントが入ってくるので承認制にさせて頂きました。
    ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いします。

CRF100Fのタイヤ交換とフロントホールにビードストッパーの取り付けの

ご依頼を頂きました。

イメージ 1

CRF100Fには、ビードストッパーを取り付ける穴が無いので

穴開け作業をしてから取り付けとなります。

しかし、CRF100Fのフロントリムサイズは、1.4なのですが、

1.4サイズのビードストッパーがどのメーカーからも販売されていません。

唯一販売されていたのが、ダートフリークからでした。

イメージ 2

ダートフリークさんありがとうございます。   助かります。

そして、ビードストッパーを取り付けるためにフロントタイヤを外したら・・・。

イメージ 3

う~ん、パンク修理されたノーマルチューブが入っていました。

レースをやるうえでこれはよろしくないですね~。

新品のハードチューブに交換させて頂きました。

イメージ 4

リムにビードストッパーを取り付ける穴を開けて、

イメージ 5

ビードストッパー装着です。

あとは、新品タイヤを組み付けて終了でございます。

そして、最後にリヤタイヤを交換しようとしたら・・・。

イメージ 6

リムの中は、泥と錆でトンでもないことになっていました。

CRF100Fのリムは、スチール製なのでメンテを怠ると錆びてしまいます。

仕方のないことですが、かなりすごいですね。

取り合えず研磨してみました。

イメージ 7

所々錆が酷くて落としきれない場所があります。

リムとスポークを全部取り換えるわけにもいかないので、

このまま新品タイヤを組みました。

今回の車両は、開けてびっくり玉手箱的なところがありましたね。





私のブログのランキングが上がります。 クリックしてください。 ご協力お願い致します。
https://bike.blogmura.com/offroad/ ←にほんブログ村オフロードブログ
https://bike.blogmura.com/motocross/ ←にほんブログ村モトクロスブログ

※ 最近、コメントにいかがわしいコメントが入ってくるので承認制にさせて頂きました。
    ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いします。

XR400Rの作業の続きです。

すっごく昔に販売していたHRCキットでアウタークラッチとプライマリーギヤと

いう物がありました。

イメージ 1

それの取り付けです。

ギヤ比が違うため公道でものすごく乗り易くなるんですよ。

すごいレアものの部品で確かもう販売終了になっていたんじゃないかな。

そうそう、HRCのハイカムとハイコンプピストンもありましたね。

懐かしいな~。

イメージ 2

プライマリーギヤも交換するのでここまで分解します。

そして、ここまで分解するからには、オイルポンプも交換します。

イメージ 3

形は、全く一緒でオイルの吐出量がノーマルの2倍になるオイルポンプが

あるのでそちらに交換します。

空冷エンジンにおいてエンジンオイルの吐出量が2倍になるというのは、

かなり力強い味方ですね。

イメージ 4

で、全て終了でございます。

久しぶりにXR400Rを整備出来て楽しかったです。





私のブログのランキングが上がります。 クリックしてください。 ご協力お願い致します。
https://bike.blogmura.com/offroad/ ←にほんブログ村オフロードブログ
https://bike.blogmura.com/motocross/ ←にほんブログ村モトクロスブログ

※ 最近、コメントにいかがわしいコメントが入ってくるので承認制にさせて頂きました。
    ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いします。

ちょっと珍しいバイクがご入庫でございます。

イメージ 1

ホンダの名車、XR400Rです。

もちろん逆輸入車ね。

私が所有しているXR400R以外で拝見するのは、本当に久しぶりです。

まあ、絶滅危惧種みたいなもんですね。

XR系で1、2位を争うほどの完成度の高いバイクなのに何でこんなに

少ないのか不思議でなりません。

まだ、XR600Rの方が街中でたまに見かけたりしますよ。

さて、数点作業のご依頼を頂いたのですが、まずは、バルブクリアランス点検から。

イメージ 2

当然、フューエルタンクを外しての作業になります。

イメージ 3

XR系は、シングルカムなのでシム調整ではなくロッカーアームでの

調整となります。

バルブクリアランス点検及び調整は、シックネスゲージを引いた時の

微妙な抵抗で判断します。

これも感覚なので、「どれくらいなの?」と聞かれても分かりません。

割と職人技に近いものがあるかもしれませんね。

今回の車両は、問題なかったです。

きっちりクリアランスが出ておりました。





私のブログのランキングが上がります。 クリックしてください。 ご協力お願い致します。
https://bike.blogmura.com/offroad/ ←にほんブログ村オフロードブログ
https://bike.blogmura.com/motocross/ ←にほんブログ村モトクロスブログ

※ 最近、コメントにいかがわしいコメントが入ってくるので承認制にさせて頂きました。
    ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いします。

シートカバーに穴が開いたため交換しようと思ったらシートスポンジが

トンでもないことになっていた車両。

イメージ 1

メーカーからシートスポンジのみの単体販売がされていないため

シートASSYで注文。

イメージ 2

新品なのにシートカバーを剥がしてスパイラルワークスシートカバーを

張り付けます。

イメージ 3

う~ん、新品純正シートカバーがもったいない気もしますが・・・。

これ単体で ¥5.000 以上する品よ。

でも、純正シートは、滑るのよね。

特にエンデューロレースでは、グリップしてくれた方が楽だからね。

イメージ 4

スパイラルワークスシートカバーは、純正シート用にきっちり作られているので

張り付けるのが結構楽です。

ただ、欲を言うともう少し大きく作ってもらえると良いですね。

とにかくパッツンパッツンのため、初めて張り付ける方は、サイズが

合ってないんじゃないかと思ってしまいます。





私のブログのランキングが上がります。 クリックしてください。 ご協力お願い致します。
https://bike.blogmura.com/offroad/ ←にほんブログ村オフロードブログ
https://bike.blogmura.com/motocross/ ←にほんブログ村モトクロスブログ

※ 最近、コメントにいかがわしいコメントが入ってくるので承認制にさせて頂きました。
    ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いします。

↑このページのトップヘ