バイク修理人生

バイク屋店長のバイク遊びと修理の日記

2019年10月

2台目の新車 2020 YZ250FXの納車整備の続きです。

ステムベアリングのOHは、前回紹介したので割愛させて頂きます。

CIMG6863

ラジエターガードの取付なのですが、お客様が選択されたガードは、

エンデューロエンジニアリングのもの。

CIMG6864

アルミ厚が4mmとかなり強固な作りとなっています。

取付説明書が今回は、英語です。

CIMG6865

まあ、英語なら何とかなります。 先日のドイツ語は、どうにもなりませんでしたけどね。

取付作業を行っていて、まあ、問題勃発ですわ。

ある程度、予想はしていましたが・・・。

CIMG6867

ラジエターアッパーホースが電動ファンに当たって奥に行かないためガードを

おっぺしてフレームに固定しようとするとラジエターホースが、思いっきり潰れます。

これが尋常じゃない潰れ方。

アメリカ人は、これを良しとするのでしょうか?

流石、Made in U.S.A ですね、クオリティが低すぎますよ。

ガードの形状をほんの少し変えれば、問題な付くと思うのですが、

「ホースが潰れたって付くんだから良いじゃんかよ」的な考え方でしょうか

あまりにも潰れるから色々試行錯誤して、極力潰れないようにしてみました。

CIMG6869

フレームとの間に3mm厚のアルミ板を入れてみたりもしました。

これで少しは、良くなったでしょう。

そして、左側は、問題なく装着。

CIMG6868

で、ラジエターシュラウドを取り付けたらこれまた、まったく取り付けることが

出来ましぇ~ん。

おいおい、いい加減にしろよ、アメリカ人。

こんなこと言うと、アメリカ人から「日本人は、神経質なんだよ」って

言われるんだろうな。

でも、日本人は、気になんだよ。

なので、左右のラジエターシュラウドを切った貼った削ったしてどうにか取り付けました。

CIMG6870

CIMG6871

一番加工したのが、この部分ね。

CIMG6872

思いっきり当たって、ガードの鋭利な角がシュラウドにめり込むからガードの角を

丸く削ったのとシュラウドをカットしました。

あとは、ハンドガードを取り付けて終了かな。

でも、コイツもアメリカ製なんだよね・・・。




パワーテックHPは、こちらです。

TEL  042-635-1266


にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村  ブログランキングに参加しています。クリックをお願い致します。


リンク周りのベアリングOHを行う前にリヤディスクガードを付けてみました。

エンデューロエンジニアリングのディスクガードは、キャリパーサポート付きの

とっても強固なディスクガードです。

CIMG6852

これごと全部を交換します。

キャリパーサポートごとになるのでキャリパーのスライドロッドを移植します。

出来上がりはこちら。

CIMG6851

すごいでしょう、アルミ削り出しのガードです。

厚みもめちゃめちゃあって、ちょっとやそっとでは、まがりそうにありませんね。

そして、リンク関連のベアリングOHは、1台目で紹介したので割愛いたします。

CIMG6850

でもちょっと気になった部分を撮りました。

相変わらず、ヤマハさんは、グリスにモリブデングリスを使用しています。

頼むから止めて欲しいですわ。

ACERBISのチェーンガイドを取り付けてみました。

CIMG6858

スイングアームに3本のボルトで取り付けるんだけど真ん中のボルトは、設計が悪くて

締め付けていくと止まらずにめり込んでいきます。

カラーの厚みを厚くしてくれれば、良いだけなのに何でそんなことが分からないんだろう?

これを取り付けようとしている方は、注意しましょう。

ボルトにネジロック剤を付けて、良い塩梅のところで締め付けるのをやめるのがコツですね。

リヤ周りの仕上がりは、こんな感じ。

CIMG6861

昨日、両面テープを作り直したスイングアームプロテクターもガッチリ綺麗に付きました。

もう2度と剥せないかも(笑)

今度は、フロント周りとラジエターガードの取り付けを行います。




パワーテックHPは、こちらです。

TEL  042-635-1266


にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村  ブログランキングに参加しています。クリックをお願い致します。

2台目の納車整備、新車 2020 YZ250FXは、オプションパーツで

難儀しております。

リヤ周りのオプションパーツは、こちら。

CIMG6848

チェーンガイドとリヤディスクガード。

CIMG6854

そして、スイングアームプロテクター。

このスイングアームプロテクターは、ゴムシートで出来ていてスイングアームに

両面テープで貼り付けるタイプ。

でも、販売店で長期在庫品だったのでしょうね。

プロテクター裏に貼られている両面テープがグニャグニャでたるみまくって、

粘着力もありゃしない。

とてもじゃないけど貼り付けられる状態じゃありません。

こんなの販売店が出荷する時に分かっているだろうにね。

よくこんなものを売り物として出荷できたもんだと思いますよ。

お客様が購入されたものなので、私が販売店に苦情を言うわけにもいかないので、

私が何とかします。

CIMG6855

裏に付いている両面テープをひっぺはがしました。

新たなる両面テープを貼らなければいけないのですが、シート状の強力両面テープが

販売されていないので細い両面テープを貼り付けることに。

CIMG6856

両面テープは、こちらを使用します。

今まで色々な強力両面テープを使用しましたが、こちらが一番強力かと思います。

コイツは、本当に剥がれません。

剥すときは、かなり苦労するので覚悟の上で貼ってください。

CIMG6857

この強力両面テープをこんな感じで隙間なく貼って準備完了でございます。

さて、本格的に作業に取り掛かります。




パワーテックHPは、こちらです。

TEL  042-635-1266


にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村  ブログランキングに参加しています。クリックをお願い致します。

2台目の新車 2020 YZ250FXの納車整備です。

な~んか、1台仕上げるのにえらい時間が掛かってるな~。

まあ、いっか、時間を短縮させようとすると手抜きしなきゃならなくなるからね。

丁寧な作業をすると時間が掛かるものです、ご理解とご協力をお願い致します。

CIMG6847

というわけで整備する内容は、1台目と変わりませんが、こちらは、オプションパーツの

取り付けがちと多いです。

いつも通りリヤ周りから始めます。

CIMG6849

はいっ!  バラバラ~。

ベアリングのグリスアップとオプションパーツの組み付けを行っていきま~す。




パワーテックHPは、こちらです。

TEL  042-635-1266


にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村  ブログランキングに参加しています。クリックをお願い致します。

2020 YZ250FXの納車整備の最後は、ラジエターガードの取付作業。

今回は、ZETAのラジエターガードを使用します。

CIMG6833

ラジエターガードも色々なメーカーから販売されていますが、日本販売のFXには、

電動ファンが付いているため取り付け不可なラジエターガードがあるから要注意ね。

CIMG6834

ZETAは、ダートフリークから販売されているので、取付説明書が日本語なのね。

ふ~、良かったわ~、ドイツ語とか英語とか本当に勘弁して欲しいですよ。

CIMG6836

左側のラジエターガードは、フレームに取り付けられているレギュレターレクチファイアが

少し干渉するので削って合わせます。

CIMG6837

右側は、何の問題もなく取付完了。

あと、こちらも余談ですが、ビートストッパーにスプリングワッシャが付いてないのよ。

CIMG6845

ビートストッパーのナットも締まってないし、これじゃあ、ストッパーの役目を

はたしてないじゃん。

新車は、いつもそうなんですよね。

パワーテック真心サービスでスプリングを取り付けてます締めしておきました。

これで納車整備が、終了です。

CIMG6844

さて、2台目いってみよう~。



パワーテックHPは、こちらです。

TEL  042-635-1266


にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村  ブログランキングに参加しています。クリックをお願い致します。

↑このページのトップヘ