バイク修理人生

バイク屋店長のバイク遊びと修理の日記

2020年08月

IRCから小排気量オフロードレーサー用のタイヤが新発売されました。

CIMG8145

VX-10です。

ソフト~ミディアム路面をワイドにカバーするモトクロス、エンデューロ用タイヤです。

小排気量マシン用に耐久性、安定性に優れたニューコンパウンドを開発採用したそうな。

タイヤ選択があまりない小排気量レーサーを所有されている方は、

とても嬉しいですね。

車両に組み付けるとこんな感じ。

CIMG8148


CIMG8147

見た目は、思いっきりマディタイヤのような気がしますが、ミディアムも

カバーしてくれるみたいですね。

クロスパーク勝沼とかでは良いのでしょうかね。

インプレッションは、そのうち、うちのチーム員が教えてくれるでしょう。




パワーテックHPは、こちらです。

TEL  042-635-1266


にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村  ブログランキングに参加しています。クリックをお願い致します。

フロントスプロケット、リヤスプロケット、チェーンの交換のご依頼で入庫された車両。

ご依頼の作業は、滞りなく終了しました。

CIMG8134

しかし、車両をリフトアップして気が付いたことが。

な、な、なんとリヤサスのスプリングが遊んでいる・・・。

CIMG8138

リヤサスをよく見るとスプリングと調整用のナットの間に2~3cmの隙間があります。

たま~にシート高を低くするためにこういう事する方いらっしゃるんですよね。

でも、この行為は、すごく危険です。

スプリングが遊んでいるいうことは、スプリングを固定している下側のストッパーの皿が

外れてしまう可能性があるということです。

走行中にもし外れてしまうとリヤサスは、突然、完全フルボトム。

危険極まりないと同時にバイクにもかなりの損傷が出るでしょう。

もし、シート高を下げたいのであれば車高下げリンクキットかサスペンションの

ショートストローク化で下げるのが得策だと思います。





パワーテックHPは、こちらです。

TEL  042-635-1266


にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村  ブログランキングに参加しています。クリックをお願い致します。

YZ250Fのホイールベアリングの交換です。

CIMG8139

YZ系のフロントホイールベアリングは、シールベアリングを使用していないため

メンテナンスが大事。

特に削れたカラーを使用しているとこんな感じで泥が浸入してしまいます。

CIMG8140

ベアリングプーラーを使用してベアリングを外します。

CIMG8141

で、中のカラーを外すとこの通り。

CIMG8142

ハブの中まで泥が浸入しています。

中を覗いてみると・・・。

CIMG8143

きゃー! 泥でデロデロですわ。

そりゃあ、ベアリングがゴリゴリになるわけですね。

ハブベアリングのメンテナンスは、とっても大事。

少なくともタイヤ交換等でホイールを外した時は、必ずメンテナンスしましょうね。





パワーテックHPは、こちらです。

TEL  042-635-1266


にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村  ブログランキングに参加しています。クリックをお願い致します。

またまた、古い年式のバイクが入庫です。

CIMG8128

FZR250R、クラッチが滑るということです。

取り合えずクラッチを開けてみました。

CIMG8129

おっと~、トンでもない物を発見。

CIMG8130

クラッチアウターの爪が折れているじゃん。

おいおい、破片は、どこいっちゃったのよ? 

と焦ったのですが、よ~く見ると折れた個所が面取りされていますね。

これは、最近折れたのではなくかなり前に折れて、どこぞの誰かが面取りして

ごまかしましたね。

その証拠にクラッチディスクの側面が綺麗でクラッチアウターが当たった形跡が

見られません。

CIMG8133

お客様がヤフオクで購入してから今まで走行していたのだから、なくても大丈夫なのか?

それともこれが原因でクラッチが滑ったのか?

う~ん、難しいな~。

本来は、アウタークラッチを交換なんだけど販売終了なのよね。

最近、年式の古いバイクを乗るのが流行っているみたいだけど、販売終了の部品が

とても多いから考えものだよ。

だって、故障しても修理が出来ないんですもの。




パワーテックHPは、こちらです。

TEL  042-635-1266


にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村  ブログランキングに参加しています。クリックをお願い致します。

同じような作業は、続くものでこのところスポークの交換作業が多かったです。

ずいぶん前からごたごたしていたGT380の作業を始めることが出来ました。

CIMG8125

元々組み付けられていたリムは、どこぞの誰かが組み込んだらしく車両センターから

右へ2mmほどずれていました。

こうなるとこのホイールからのデータ取りが出来ないのでセンターを出すのが

ちょっとめんどくさかったりします。

まあ、でも、こういうのは、根気作業なのでプラモデラーの私には、

向いているといえば向いているのかもしれません。

車両に取り付けて上手くセンター出しが出来たら最終的に振れ取りをして終了です。

この車両でやっとスポーク交換の作業は、終了かな~。




パワーテックHPは、こちらです。

TEL  042-635-1266


にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村  ブログランキングに参加しています。クリックをお願い致します。

↑このページのトップヘ