バイク修理人生

バイク屋店長のバイク遊びと修理の日記

2021年10月

リヤタイヤのゴーゴーという異音の原因であるドリブンフェイスのベアリングを点検。

ドリブンフェイスには、ボールベアリングとローラベアリングの2種類の

ベアリングを使用しています。

CIMG9560

この中心部に2個のベアリングが圧入されています。

点検してみるとボールベアリングの方は、明らかにゴリゴリ感満載です。

ローラベアリングの方は、カラーがないとよく分からないのですが、

ここまで来て交換しない方がおかしいですよね。

ベアリング単体の部品がホンダから販売されていますが、ドリブンフェイスASSYの

価格がそれほど高額ではありません。

ベアリング交換工賃を考えるとそんなに金額が変わらなくなってしまうので

ドリブンフェイスASSYで交換することに決めました。

そして、クラッチとクラッチスプリングも交換します。

CIMG9564

クラッチセンタースプリングの交換を迷いましたが、どうせヘタッているだろうと思い

発注をしておきました。

CIMG9565

正解です。

こんなにスプリングの長さが違います。

ほぼ主要部品を新品にしました。

CIMG9566

また、30.000km位の走行できちゃうかな~(笑)




パワーテックHPは、こちらです。


お問い合わせは、下記ショップの電話番号までよろしくお願い致します。
TEL  042-635-1266



にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村  ブログランキングに参加しています。クリックをお願い致します。

駆動系のメンテナンスでお預かりしたリード125。

駆動系をバラします。

CIMG9555

CIMG9557

走行距離は、約30.000km。

ドライブベルトが切れる寸前かと思いきや。

CIMG9556

割と大丈夫なのね。

でも、亀裂が入っているから良い時期での交換でしょう。

当初、ドライブフェイスの交換は、考えていなかったんだけど結構摩耗しています。

CIMG9558

画像では、よく分からないんだけどかなり段付きがあります。

アルミ製で出来ているので、仕方ないですね。

まあ、これによってまったく走らなくなるということには、ならないのですが

走行に違和感が出ているでしょう。

今回、お客様の意向で交換します。

さて、リヤタイヤを手で回すとゴーゴーという異音が出ていたので、

ドリブンフェイスのベアリングを点検します。




パワーテックHPは、こちらです。


お問い合わせは、下記ショップの電話番号までよろしくお願い致します。
TEL  042-635-1266



にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村  ブログランキングに参加しています。クリックをお願い致します。

来年の話になるのですが、ブリヂストンがモトクロス用タイヤを新発売です。

バトルクロスX31でX30の後継モデルとなります。

001_l

006_l

バトルクロス X3系は、ミディアムタイヤになります。

現行のX30は、ハード路面寄りのミディアムタイヤだったのに対して

新商品のX31は、ソフト路面寄りのミディアムタイヤに代わりました。

005_l

日本の気候からするとコースの路面状況が、ハードになりにくいのでソフト路面を

多くカバーしてくれるミディアムタイヤの方が、重宝するように思います。

一応、モトクロス用タイヤとしての販売なのですが、18インチも販売するから

エンデューロレースの使用も考えているように思えます。

そして、発売日は、2022年2月1日 ということです。

まだまだ、先なのね~~~。




パワーテックHPは、こちらです。


お問い合わせは、下記ショップの電話番号までよろしくお願い致します。
TEL  042-635-1266



にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村  ブログランキングに参加しています。クリックをお願い致します。

リード125のご入庫でございます。

CIMG9552

走行距離 30.000km です。

結構、走っておられます。

作業内容は、

CIMG9553

タイヤ前後の交換と駆動系のメンテナンスです。

駆動系は、ドライブベルト交換をメインに色々と交換します。

あとリヤタイヤを手で回すとゴーゴーという異音がします。

こちらは、ドリブンフェイスのベアリングが原因なので、こちらも交換です。

それでは、作業開始~~~。




パワーテックHPは、こちらです。


お問い合わせは、下記ショップの電話番号までよろしくお願い致します。
TEL  042-635-1266



にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村  ブログランキングに参加しています。クリックをお願い致します。

セロー250のフロントフォークOHの部品が入荷したので作業を始めました。

分解作業中に右側のインナーチューブの動きがちょっと渋いな~と思いつつ

分解、洗浄しました。

CIMG9546

各部点検してこれといった不具合が無いので、組み付け作業開始。

インナーシリンダーを入れてインナーチューブとアウターチューブ組み付けると

明らかに右側のインナーチューブの動きが渋い。

ん!?  なんでだ???

もう一度分解してあれやこれやと点検、仮組みを繰り返しました。

仮組した状態でよく見ると

CIMG9550

インナーチューブが右側に寄っています。

普通、ブッシュメタルを入れていないこの状態だとインナーチューブは、

上下左右若干の隙間がありカタカタと動きます。

何故だ?  インナーチューブが曲がってる? 

もう一度分解してみたが、曲がっている様子はなさそう。

また、仮組してよく見るとインナーシリンダーが右に寄っているのに気づきました。

CIMG9549

おいおい、インナーシリンダーが曲がってるじゃないですか。

でもそんなことある?

試しに左側のインナーシリンダーを右側に入れて仮組してみたら問題なく動きました。

CIMG9551

コイツです。

この右側のインナーシリンダーが曲がっています。

う~ん、何で曲がったんだろう?

新車から?  誰かが分解した時に曲げてしまった?

お客様もこの車両を中古でご購入しているので、真相は、闇の中ですね。




パワーテックHPは、こちらです。


お問い合わせは、下記ショップの電話番号までよろしくお願い致します。
TEL  042-635-1266



にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村  ブログランキングに参加しています。クリックをお願い致します。

↑このページのトップヘ