CRF150Rのステムベアリングは、シール性が弱くすぐに錆びてしまいます。

構造とオイルシールに問題があるようなので2~3年前にその対策を講じました。

そして、対策してから初めてのステムベアリングのOHです。

CIMG9023

その対策の 結果発表~~~。

CIMG9025

アッパーベアリングは、問題ありません。

良かったです。

対策が効いたみたいですね。

そして、ロアベアリングは・・・。

CIMG9022

あ~~~ダメじゃん。

思いっきり錆びてるじゃん。

へこむわ~、この対策をするのにドンだけ時間と労力を掛けたと思っとるんや~~~。

はぁぁぁ~~~本当にへこむわ~~~~。

どうして錆びるのよ???

洗車時に下のシールから水が浸入すると思って純正シールの外にもう一つシールを

作ったのにな~。

何故じゃ~な・ぜ・な・ん・じゃ~~。

この対策で下からの侵入は、絶対にないと思うのですが。

かといって、アッパーベアリングの状態とステムシャフトのグリスの状態を見ると

上からの侵入は、100%ありえませんしね。

う~ん、この対策がダメだとするともう打つ手なしですよ。

こりゃあ、もう、久しぶりにギブアップですな。

っていうか、ホンダさん、メーカー側でここのシールと構造を

もうちょっと何とかならんですかね?




パワーテックHPは、こちらです。


お問い合わせは、下記ショップの電話番号までよろしくお願い致します。
TEL  042-635-1266



にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村  ブログランキングに参加しています。クリックをお願い致します。